Menu
ご相談無料 お問い合わせ twitter LINE

お悩み・解決事例

税金も完納して再スタート

愛知県安城市 / H・Kさんの場合

男性
リストラと介護の問題 解決済
職業
無職
建物種別
戸建て
年齢
52歳
残債
1680万円
家族
本人・父親
売却価格
1150万円円

相談内容

男性

H・Kさん

リストラされた事と同居の父親の具合が悪いので思うように仕事を見つける事ができない。そんな中税金滞納の為、家に差押えが付いてしまいました。今の父親の状態ではこの家で同居する事はできないので家を処分して再スタートしたいと伝えました。

他の不動産会社で査定された後でしたがとても住宅ローンの完済には及びませんので任意売却をお勧めしました。差押えについても売却代金から支払えるように金融機関と交渉する旨お伝えしました。

オーナー

アドバイザー山田直喜

解決までの道程

男性

H・Kさん

相談後すぐに銀行と市役所に一緒に行って頂きました。銀行へは任意売却の意向と市役所には税金の差押え解除の交渉を一緒に行って頂きました。差押解除には応じて頂けませんでしたが金融機関の方へ売却代金の中から支払えるようにお話ししてくれました。

任意売却の了解はすぐ頂けましたので売却の準備と市役所へ差押解除の交渉に行きましたが残念ながら解除の話は了解して頂けませんでした。ただ保証会社の方へは予め売却代金から税金納付の相談もしておきましたので差押えについては問題ありませんでした。一番の問題はお父様の行き先でした。苦労しておられましたが保証会社も事情を理解してくれ又買主様も事情をご理解して頂け通常よりゆっくりの引渡しを了解して頂けたので何とか老人ホームを見つける事ができました。

オーナー

アドバイザー山田直喜

現状とその後

男性

H・Kさん

今父親は介護施設にお任せしていますが、その費用を払えるのも任意売却する事ができ税金も支払う事ができたおかげです。毎月の返済も無理のない額で了解してもらえました。最初に家を手放す事を考えた時は何も知らなくて一旦売れた金額だけ銀行へ返済すればいいと思っていました。別の所に査定をしてもらった時は家を売るのにお金を何百万円用意をしないと売却できないと言われ愕然としました。無知でしたが自分の家なのに自分で自由に処分できないなんて信じられませんでした。任意売却という方法を提案してもらい税金の問題も一緒に解決する事ができました。家は手放す事になりましたが現在は逆に健康的に生活する事ができています。

お客様の声

男性

H・Kさん

勤めていた会社の業績不振で突然のリストラでした。おまけに同居していた父親もあまり具合が悪く介護をしながらの生活でしたので思うように就職活動もできませんでした。貯金も底をつき税金の滞納もあり、とうとう差押えの手紙が役所から届きました。相談できる所もなく最悪の事を考えしまいましたが最初のメールから直ぐ会いにくれて一緒に市役所に税金の納付の交渉などもして頂きました。なるべく長く住めるように銀行とも交渉してもらう事ができたので父親の入居先も見つける事ができました。家を売ったお金で税金の支払いも交渉してもらい税金の滞納もなくなりました。借金は残ってしまいましたがとりあえず2万円の分割払いで了解してもらいましたので落ち着いて生活できそうです。

今回の解決ポイント

住宅ローンを滞納されている場合に税金の滞納もされている場合がよくあります。各市町村によって対応は違いますが多くの市町村は不動産に差押えを付けている事は多くあります。売却される場合は通常差押えを解除し売却するためその時に税金を回収する為です。一旦差押えが付いた場合はその後分納にもあまり応じてくれず完納が条件となる場合が多いです。今回もまさにその通りで市役所に交渉に行きましたがなかなか進展しませんでした。幸い今回の住宅ローンの保証会社は過去に何度も取引がある保証会社でしたので売却代金からの税金の納付をある程度は認めてくれる事はわかっていましたので先に保証会社への根回しを行いました。今回は売却や税金よりもお父様の介護先が見つかるが心配でした。売却自体は約2ヶ月で契約までいきました、その際に買主様がご理解を頂き引渡しを長めに取って頂ける事になり無事お父様も介護施設への入所先が決まりました。

一覧へ戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

  • 解決済

    任意売却のお陰で家族が明るくなりました

    お客様の声

    事例の詳細を見る
  • 解決済

    ギリギリで競売を回避

    お客様の声

    事例の詳細を見る
  • 解決済

    任意売却+自己破産で解決しました

    お客様の声

    事例の詳細を見る
  • もっと見る
    TOP