Menu
ご相談無料 お問い合わせ twitter LINE

お悩み・解決事例

元主人から名義変更に成功

名古屋市守山区 / K・Kさんの場合

女性
子供達の為にも転居を回避する事が出来ました。 解決済
職業
会社員
建物種別
マンション
年齢
38歳
残債
1280万円
家族
本人・子供2人
売却価格
1280万円

相談内容

女性

K・Kさん

離婚時にマンションのローンは元主人が支払い、ローン完済後は私への名義変更をする約束で離婚したのですが元主人が住宅ローンを滞納し出て行ってくれと言われました。子供の事も考え引越しは避けたいので何か最良の方法はないか相談しました。

ご相談を頂いた時点で滞納が数回あり期限の利益の喪失が行われる所でした。このままでは競売になり退去する事になりますので至急、元ご主人との面談と相談者様には購入する事を検討して頂きました。

オーナー

アドバイザー山田直喜

解決方法

まずは銀行へ元ご主人と出向き、現在の状況の把握と保証会社への連絡をお願いしました。

オーナー

アドバイザー山田直喜

女性

K・Kさん

山田さんから現在の状況の説明を受けました。このままでは数か月で強制的に退去する事になる事や、管理費が滞納されている事も判明しました。

保証会社から連絡を貰い任意売却で解決したいとの交渉をし、了解を取り付ける事が出来ました。それからマンションの査定を行いました。幸い査定価格と現在の住宅ローンの残債金額が同じ位でしたのでK様に購入して頂く事にしました。

オーナー

アドバイザー山田直喜

女性

K・Kさん

山田さんから購入の提案を受けた時は正直釈然とはしませんでしたが、元主人との約束は債権者には関係がない事や仮に引越しをしても家賃が発生するので、どちらにしてもお金がかかる事などを考えて購入する事にしました。

K様が購入される事になりましたが、難色を示した銀行もありました。内容は苗字が一緒の事や現在購入予定物件に居住している事などが原因でした。離婚後間もない事も理由でした。なんとか融資してくれる銀行も紹介する事ができ解決する事が出来ました。

オーナー

アドバイザー山田直喜

解決後の暮らし

当初は購入に関しては元ご主人との約束が違うと難色を示されていましたが、今はご自身名義になり安心されたようです。住宅ローンの金利も低金利でご紹介ができ賃貸マンションで家賃を払うより安いと喜んで頂く事が出来ました。

オーナー

アドバイザー山田直喜

お客様の声

女性

K・Kさん

離婚した時には子供達と住む家は守る事が出来たと思っていましたが、まさか延滞をするとは考えてもいませんでした。弁護士の無料相談にも行きましたがこのままでは競売になり強制的に退去する事になると言われました。正直こちらに相談した時も同じ事を言われると思っていました。山田さんから私自身での購入を進められた時は驚きとそんな事ができるのかと不安でした。元々は別れた主人が完済まで支払う約束でしたので納得はできませんが子供達の転校などを考え購入する事にしました。今は自分の名義になり安心して暮らしています。今は元主人もできる限り養育費を払ってくれ住宅ローンの足しにしていますが何時支払いが止まるかもしれませんが今回の事でマンションは私の名義ですので取りあえずは安心しています。

今回の解決ポイント

今回のご相談は離婚後のトラブルでもっとも多いケースです。離婚時に住宅ローンの事を約束し公正証書を作成する方も多いですが、何らかの事情で住宅ローンが延滞されると元ご夫婦の約束は銀行には関係ありませんので粛々と競売などが進められます。今回は不幸中の幸いで元ご主人が滞納の事実を相談者様に早めに伝えて頂けたので解決する事が出来ました。以前は裁判所からの現況調査などで始めて知ったいう相談をありました。K様は引越しは絶対に避けいとの希望でしたので取りあえずはご自身で購入するという選択を提案しました。査定価格で住宅ローンを完済できそうでしたので債権者も了解してくれました。最後に住宅ローンの審査が難航しましたが無事に解決する事が出来ました。

一覧へ戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

  • 解決済

    病気と離婚を伴うお金の問題を全て解決しました

    お客様の声

    事例の詳細を見る
  • 解決済

    離婚に伴う住宅ローン滞納

    お客様の声

    事例の詳細を見る
  • 解決済

    リスケ×任意売却で落ち着いた暮らしを取り戻しました

    お客様の声

    事例の詳細を見る
  • もっと見る
    TOP