Menu
ご相談無料 お問い合わせ FOLLOW ME

早期売却のコツ

任意売却は通常の
不動産売却よりも
早く売却する
必要があります

  • 任意売却が長引けば債権者から価格の見直しを指示され結果、残債が増える
  • 売却完了まで日々遅延損害金が付いているので長引けば借金が増える
  • 最終的な債権者への返済金が少なくなると売却後の返済交渉や引っ越し費用などの交渉が難しくなる
  • 売却期間が長くなると競売の手続きが進められる

任意売却販売のポイント

任意売却を行っても
売却ができないと意味がありません。
中古物件販売には
下記のようなネックがありますが、
任意売却のがっこうでは早期売却の
ポイントがあります!

1

任意売却販売のネック

  • 売却後に雨漏りやその他不具合が生じても購入者が修理をしなければいけない
  • 一般的な不動産取引の場合は引き渡し後、売主が2ヶ月程度補修する

購入者からすると不安...

購入者からすると不安...

任意売却のがっこうでは・・・

建物をインスペクション
診断結果を提示、
場合によっては
既存住宅瑕疵保険に加入

「中古住宅の品質に対する不安」を解消し、安心してご購入いただけるよう
一級建築士が建物を検査し、「住宅検査報告」を作成します。

2

任意売却販売のネック

  • 抵当権や差押登記などが購入者にも影響があると思う人がいる。
  • 借金取りが訪ねてくるや自分たちも売主の借金に関係してしまう。

本当に大丈夫?

本当に大丈夫?

任意売却のがっこうでは・・・

物件の情報を一番
理解している担当者

内覧から商談まで
責任を持って対応!

買主が誤解や間違った情報に振り回されないよう
担当者が親身になって対応いたします。

3

任意売却販売のネック

  • 任意売却の受託後の販売に力を入れていない物件が多い(広告や掲載写真など)

これで売れるの?

購入者からすると不安

任意売却のがっこうでは・・・

リアルレポート、
インテリア演出、
バーチャルオープンハウスなど高く売却する仕組み
あります!

売却活動を真剣に行う、頑張りますだけではなく高く売却する仕組みがあります!

物件ならではの魅力を引き出す、
オーナーさんの
“ここだけ”リアルレポート

よくある他社のインターネット売却活動では営業担当がつける似たり寄ったりのキャッチコピーだったり、他の物件と違いがわからないパターン化した写真をよく見かけます。
任意売却のがっこうの売却活動では売主さまに物件の魅力を語っていただき、大いにPR。プロの住宅ライターがインタビューし、記事にします。さらにプロのカメラマンも同行し、お部屋の魅力を最大限に引き出すアングルで撮影します。

物件ごとの
専用レポート
ページ
住宅ライター
による取材
カメラマン
による撮影

本体の価値を引き出し、
期待を上回る第一印象へ
インテリア演出サービス

ここでくらすことを
想像させ、「住みたい!」
と思わせます

”買う方の視点”を知りつくしたコーディネーターが、間取りやインテリアに合わせて家具や小物を用意。物件見学はもちろん物件写真への反響が大きく変わること間違いなしです。

空室の場合
ガランとして殺風景な「何もない空間」を当社が用意する家具や小物で生活空間としてイメージしてもらえるよう演出します。(※期間限定)
住居中の場合
「個性」や「生活感」は消し去り、お部屋本来の魅力が伝わるよう演出して価値をUP! 清掃のアドバイス・お手伝いもします。

内覧に行かなくても
物件の状態が360度わかる
バーチャルオープンハウス

物件を実際に見に行かなくても、リアルに体感できるバーチャルオープンハウスを導入!

サンプルを見る
TOP